コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエホン・デ・ワイラス かえほんでわいらす

世界大百科事典内のカエホン・デ・ワイラスの言及

【ワスカラン[山]】より

…登山および観光基地はワラス。コルディエラ・ブランカと西側のコルディエラ・ネグラ(黒い山脈)の間の河谷はカエホン・デ・ワイラスCallejón de Huaylasと呼ばれ,ペルーのスイスと称せられる観光地である。1970年のペルー大地震の際にワスカランの西面の氷河が大崩壊を起こし,ちょうど富士山と御殿場市というような位置関係にあるユンガイ町が土石流の下に完全にうもれ,約2万人の生命が失われた。…

【ワラス】より

…人口6万5600(1990)。オクシデンタル山脈中のサンタ川のつくる峡谷カエホン・デ・ワイラスの中心部にある。標高3028m。…

※「カエホン・デ・ワイラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone