カガシ(読み)かがし

世界大百科事典内のカガシの言及

【イノシシ(猪)】より

…しかし,実際には野猪の行動半径が大きく,においに敏感で警戒心が強いので捕獲は簡単ではなく,銃を持たぬ農民にとっては農作物の大敵としてきらわれた。その方法は,これを追い払うため臭気の強い油や古着,または腐肉などを耕地の周囲におくカガシ,耕地を木柵や土堤,石垣などで囲み野猪の侵入を防ぐシシドテ,シシガキ(鹿垣)が利用された。その築造は比較的新しく,近世に入ってからと考えられるが,大きいものは数十kmに及ぶ長さをもつ。…

※「カガシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android