カキツ(読み)かきつ

世界大百科事典内のカキツの言及

【垣内】より

…古代律令法では宅地・園地がそれに相当する。民間ではカキツとも呼ばれた。起源は明らかでないが,住居と敷地を中心に付属の畠地や林などの用地を囲い込んで,私的な占有用益権を獲得したことに由来すると思われる。…

※「カキツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android