カクテルパーティ効果(読み)かくてるぱーてぃこうか

世界大百科事典内のカクテルパーティ効果の言及

【注意】より

…このようなことから,注意には〈限界容量〉があり,また必要な情報だけを濾過して他を排除する〈フィルタリング〉の働きがあると考えられた(ブロードベントD.E.Broadbentらの考え)。パーティの会話で背景の雑音(他のグループの会話)がひどくても集中していれば相手の言うことが聞き取れるという,いわゆる〈カクテルパーティ効果〉は,そのよい例としてよく引用される。 ここで注目したいのは,必要に応じて注意のシフトが自動的に生じることである。…

※「カクテルパーティ効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android