コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタルニャ派 かたるにゃは

世界大百科事典内のカタルニャ派の言及

【スペイン美術】より

イスラム美術 一方,ヨーロッパとの関連を強めたキリスト教圏では,まずロマネスク(10~13世紀)が,続いて勝利者様式としてのゴシック(13~16世紀)が採り入れられた。ロマネスク建築は,9世紀にカロリング朝から独立した北東部地中海岸のカタルニャ派と,聖地サンチアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路様式という二様の展開を見せる。カタルニャでは,すでに957年に3列の筒形穹窿を架したロマネスク教会が建てられているが,イタリア・ロンバルディア様式の波及によって一大発展期を迎え,旧サン・ピエトロ大聖堂に似た5廊式の,リポルのサンタ・マリア修道院教会(1032)をはじめ,大小無数の教会群を残した。…

※「カタルニャ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カタルニャ派の関連キーワードウゲット

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android