コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カダイ語群 かだいごぐん

世界大百科事典内のカダイ語群の言及

【東南アジア】より

…この分布状態は,すでに先史時代においてアウストロアジア語族が東南アジア大陸部の大部分を占めていた所に,北からチベット・ビルマ語派とカム・タイ語派が南下し,ことに歴史時代に大きく発展して各地でアウストロアジア語族の分布を分断した結果であろう。 大陸部においてはそのほか,インドシナ北部から中国南部にかけてカダイ語群という語族が島状に分布している。これはカム・タイ語派に親縁の古い語族と推定される。…

※「カダイ語群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android