コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシオ かっしお

世界大百科事典内のカッシオの言及

【オテロ】より

… 物語の舞台は15世紀ベネチア領のキプロス島。ベネチアの貴族の娘デズデモナと結婚,キプロス島の新総督として着任したベネチアの将軍,黒人のオテロは,サラセン軍の船を撃退,勇躍凱旋するが,後輩の若いカッシオの出世に恨みを抱いた腹黒い旗手ヤーゴの奸計にあって妻とカッシオの仲を疑い,嫉妬のあまり彼女を絞殺するが,誤解と知って自害する。【武石 英夫】。…

※「カッシオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カッシオの関連キーワードマルティアヌス・カペラテオドリック[大王]テオドリック(大王)テオドリック大王アンドロメダ座カッシオペイアカシオペヤ座アンドロメダ秋本奈緒美ヨルダネスリベリウスカシオペア自由七科修道院旋法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android