コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッチョ かっちょ

世界大百科事典内のカッチョの言及

【ギンポ(銀宝)】より

…地方名が多く,大阪や三重でカミソリ,浜名湖でカミソリウオ,和歌山でカミソリウナギ,水戸でナギナタと呼ばれるが,いずれも体が細長く,平らであり,〈剃刀〉の刃などに形がよく似ていることによる。また,鹿児島でアブラメ,広島でナベコワシ,高知でナマズ,下関でカッチョと呼ばれる。夜行性で,夜間餌をさがし回る。…

※「カッチョ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カッチョの関連キーワードサン・ヌーベル・ヌーベルフアン・マヌエルベアトリーチェストラパローラルネサンス美術ギンポ(銀宝)『デカメロン』ボッカッチョサッケッティボッカチオデカメロン岩崎 純孝野上 素一イタリア語好色文学バルビエベラールグリーン野上素一テルエル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android