カノン法学(読み)かのんほうがく

世界大百科事典内のカノン法学の言及

【グラティアヌス教令集】より

…このためこの教令集は,12世紀末には,教会の法実務および大学の法学教育の中心的地位を占めた。また,この教令集の出現によって,カノン法の統一・体系化のための基礎が据えられ,この基礎の上に,中世カノン法学が発達し,教皇令を中心とする新たな教会立法が行われて,中世カノン法の体系が築かれた。これを集大成したものがカノン法大全である。…

※「カノン法学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android