カバリーノ,B.(読み)かばりーの

世界大百科事典内のカバリーノ,B.の言及

【ナポリ派】より

…とくにこの地はスペイン的な熱狂的信仰の地であったが,16年以降この地に住んだスペイン画家リベラは,カラバッジョ風でもあり,スペイン風でもある真摯な宗教表現を完成して,ナポリ派およびスペイン本国に大きな影響を及ぼした。またローマのバンボッチアンティのナポリ分派としてファルコネAniello Falcone(1607‐56),ついでカバリーノBernardo Cavallino(1616‐56)は,ベネチア派にも比すべきデリケートな色彩と光の叙情的表現にすぐれ,さらにシチリアやジェノバを通じて伝わったルーベンス派のファン・デイクの色彩の影響を受けてノベリPietro Giovanni Novelli(1603‐47),フラカンツァーノFrancesco Fracanzano(1612‐56)などが絵画的才能を発揮した。ナポリの生んだ最大のバロック画家はジョルダーノである。…

※「カバリーノ,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android