コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプサ新石器文化(読み)かぷさしんせっきぶんか

世界大百科事典内のカプサ新石器文化の言及

【カプサ文化】より

…東アフリカの東部地溝帯には,ナイフ形石器,彫器,搔器・削器,細石器を特色とする文化があり,ケニア・カプサ文化の名で知られているが,石器の形態的類似のほかには,北アフリカのカプサ文化との関係は明らかではない。なお,マグレブではカプサ文化のあとを受けて,その伝統を引く石器に,磨製石器,石鏃,直剪鏃や土器を加え,農耕・牧畜を始めたカプサ新石器文化がつづく。【大参 義一】。…

※「カプサ新石器文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android