コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマラ(植物) かまら

世界大百科事典内のカマラ(植物)の言及

【アカメガシワ】より

…葉の煎汁を痔に外用し,また新鮮な葉汁を,はれものの吸出しや痛み止めとして外用する。 同属のクスノハガシワM.philippiaeusis Muell.Arg.はアジアの熱帯から沖縄に分布する常緑亜高木で,果実の腺体をカマラという。これはロットレリンrottlerinを含み,ジョウチュウ駆除薬となり,家畜に利用されている。…

※「カマラ(植物)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android