コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマーンジャ かまーんじゃ

世界大百科事典内のカマーンジャの言及

【カマーンチェ】より

…これは3弦で腹面は薄い板が張られており,近代ギリシアのリラやブルガリアのグースラはこれと同類である。 アラブ諸国では前述のイランのカマーンチェあるいはその変形が,アラビア語なまりでカマーンジャ(ないしカマンジャ,カーマンジャ)と呼ばれる。また近年はヨーロッパから伝来したバイオリンやビオラをカマーンジャと呼ぶこともある。…

※「カマーンジャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android