カムイ・プヤル(読み)かむいぷやる

世界大百科事典内のカムイ・プヤルの言及

【アイヌ】より

…神窓から幣柵までの庭が,熊祭などの祭場である。神窓(カムイ・プヤル)は狩猟の獲物,神々,祭具などの出入口であり,穴居時代の玄関の遺制であると考えられる。火尻座を出ると内戸から納屋の土間におり,その南側に人の出入口が開く。…

※「カムイ・プヤル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android