コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラシニコフ自動小銃 カラシニコフジドウショウジュウ

デジタル大辞泉の解説

カラシニコフ‐じどうしょうじゅう〔‐ジドウセウジユウ〕【カラシニコフ自動小銃】

カラシニコフ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カラシニコフ自動小銃

1947年、当時ソ連の一兵士だったカラシニコフ氏が最初の自動小銃「AK47」を設計。その後、シリーズ化され、様々な改良品が製造された。高性能に加え、構造の単純さと厳しい気候条件でも壊れない頑丈さが評価され、ソ連軍だけでなく旧共産圏を中心に広く普及した。旧ソ連、ロシアで直接製造されたカラシニコフ銃は約7千万丁。他国のライセンス生産分も含めると正規品計約1億丁が製造された。このほか膨大な非正規品が出回り、テロ組織などにも使われるようになった。

(2013-03-13 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

カラシニコフ自動小銃の関連キーワードエーケーよんじゅうなな

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラシニコフ自動小銃の関連情報