コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カランチャ,A.de からんちゃ

世界大百科事典内のカランチャ,A.deの言及

【年代記】より

…もっぱら文化や社会に焦点をあてて書かれたクロニカとしては,ソリタの《ヌエバ・エスパニャ報告書》(アステカ),ランダの《ユカタン事物記》(マヤ),モリナCristóbal de Molinaの《インカの神話と儀礼》(インカ)などがある。教会人の立場からのクロニカも多く,モトリニアの《ヌエバ・エスパニャ布教史》,カランチャAntonio de Calanchaの《布教史》,アリアガPablo José de Arriagaの《ペルーにおける偶像崇拝の根絶》など,教会と布教の年代記であると同時に,原住民宗教に関する情報源でもある。インカ・ガルシラソの《皇統記》は,インカ人の血を引くメスティソの立場からの年代記だが,土着の記録者の作品は,キリスト教を受容しながらも,被征服者の視点を貫いたものが多い。…

※「カランチャ,A.de」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android