コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロリング家 かろりんぐけ

世界大百科事典内のカロリング家の言及

【メロビング朝】より

…王がもはや存在しない東分国では,ピピン2世が自立的な大公権を築いた。彼のワラットに対するテルトリーの戦での勝利(687)はピピンの家系すなわちカロリング家の覇権を決定づけ,ついに子ピピン3世のクーデタにより,メロビング朝はヒルデリヒ3世を最後に崩壊し(751か752),フランク王位はカロリング朝へと引き継がれる。カロリング朝フランク王国【徳田 直宏】。…

※「カロリング家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カロリング家の関連キーワードルートウィヒ(4世)(東フランク国王)ルートウィヒ(2世)(東フランク国王)アルヌルフ[ケルンテンの]シャンパーニュ(フランス)アルヌルフ[メッツの]ベレンガーリオ[1世]フィリップ[2世]ルイ5世(怠惰王)カール・マルテルカルル・マルテル西フランク王国クローデガングアウストラシア東フランク王国ユーグ・カペーユーグ・カペークロービス3世ピピン[1世]カール(大帝)ピピン[3世]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android