コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンテ・チーコ かんてちーこ

世界大百科事典内のカンテ・チーコの言及

【ジプシー音楽】より

…17~18世紀にアンダルシア地方に定住したジプシーの音楽家が,おもに下町のレストランや酒場で歌い手,踊り手,ギタリスト各1人ずつという小さなコンビで演奏するのがそのはじめの演奏形態であったが,しだいに劇場の舞台でも演奏される大規模なものに発展してきている。レパートリー(曲種)の中心は,もっぱら悲恋の苦しみや人生の絶望などの深い嘆きの心情を吐露するカンテ・ホンド(カンテ・グランデ)と,人生の楽しさを謳歌する軽快なリズムのカンテ・チーコ(カンテ・フラメンコ)である。この二つのタイプは,ジプシーに共通する悲哀と喜悦の情熱的な表現を反映している。…

【フラメンコ】より

…踊り,ギター・ソロの諸形式も,ほとんどカンテの形式から発している。カンテは普通,カンテ・グランデcante grande(大きな歌)とカンテ・チーコcante chico(小さな歌)に大別される。前者は歴史が古く一般に荘重な感じで深刻な内容のものが多く,原則としてもっぱら歌われるもの,後者は比較的新しく軽妙なリズムに乗せて日常の哀歓をうたうことが多く,踊りを伴うものである。…

※「カンテ・チーコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンテ・チーコの関連キーワードスペイン舞踊

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android