コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントリー・ファニチャー かんとりーふぁにちゃー

世界大百科事典内のカントリー・ファニチャーの言及

【カントリー・ハウス】より

…たとえばストラトフォード・オン・エーボンにあるシェークスピアの生家のようにチューダー朝期の町家などは切妻屋根,オークの太い柱に漆喰の壁からなる簡素な形式を示した,カントリー・ハウスの典型である。また,その土地の指物師の手で製作された家具・調度をカントリー・ファニチャーと呼ぶ。地方の町家や民家で日常使われたパネルバック・チェアやラダーバック・チェア,ろくろ加工による挽物(ひきもの)部材から構成されたイギリスのウィンザー・チェア,甲板の左右に垂れ板をつけたゲートレッグ・テーブル(エクステンション・テーブル)などは実用的な機能を備え,簡素でいなかの生活様式にふさわしい。…

※「カントリー・ファニチャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android