カーテン型オーロラ(読み)かーてんがたおーろら

世界大百科事典内のカーテン型オーロラの言及

【オーロラ】より


[オーロラの形,高さ]
 オーロラの形は大別して,カーテン型,パッチ型,不定形の3種に分類される。カーテン型オーロラは主として夕方から深夜にかけて高緯度よりのオーロラ・オバル沿いに,パッチ型オーロラは深夜から明け方の低緯度よりのオバル沿いに現れ,不定形のものは低緯度よりのオバルや,極冠グロー,中緯度オーロラなどに見られる。カーテン型オーロラの中では常に大小さまざまのひだが出現・消滅を繰り返している。…

※「カーテン型オーロラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android