カール・ツァイス・イェーナ[会社](読み)かーるつぁいすいぇーな

世界大百科事典内のカール・ツァイス・イェーナ[会社]の言及

【イェーナ】より

…人口10万2000(1995)。カール・ツァイス(通称カール・ツァイス・イェーナ社)の顕微鏡,精密測定機具などのほか,高性能ガラス,薬品製造が盛ん。ヨハニス教会(11世紀),市庁舎(14世紀)のある旧市街と今に残る城壁の一部,ツァイス社を中心とする新市街がザーレ川の谷あいに調和よく町を形成している。…

【カール・ツァイス[会社]】より

…また,ツァイス・イコン社等の傘下企業とともに〈ツァイス・グループ〉を形成している(カール・ツァイス財団が経営)。なおイェーナの工場は,東西分裂時代は東ドイツに帰属し,VEBカール・ツァイス(通称カール・ツァイス・イェーナ社)として戦前を上回る生産を続けてきた。【伊藤 正憲】。…

※「カール・ツァイス・イェーナ[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android