ガイスラービュレット(読み)がいすらーびゅれっと

世界大百科事典内のガイスラービュレットの言及

【ビュレット】より

…容積目盛のついたガラス管で,下端にガラス製コック,またはガラス球の入ったゴム管とピンチコック付きの細いガラス管がついており,これらを開閉させて内部の液を必要な量だけ流出させ,前後の目盛の読みの差から流出した液の容積を正確に知ることができる。最も典型的なものが図の左のコック付きで,ガイスラービュレットGeissler buretteという。目盛を読むとき上部の液面はメニスカス(表面張力により湾曲した表面)ができるので,目盛の読み方に気をつける必要があるし,また,液を急激に流出させると器壁に付着した少量があとから流れてくるので注意しなければならない。…

※「ガイスラービュレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android