ガスペリ,A.De(読み)がすぺり

世界大百科事典内のガスペリ,A.Deの言及

【デ・ガスペリ】より

…しかし47年の訪米以後は西側陣営への参加を明確にするとともに,3党協力体制にも終止符を打った。 DCは48年総選挙で単独過半数を獲得,以来デ・ガスペリは53年まで連続4期政権を担当した。彼は政治面では自由,共和両党との中道連立を採択し,経済面ではL.エイナウディの均衡財政論を採択したが,1950年の農地改革と南部開発公庫設立以外には積極的な社会改革を行わなかった。…

※「ガスペリ,A.De」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android