コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガタパチャボール がたぱちゃぼーる

世界大百科事典内のガタパチャボールの言及

【ゴルフ】より


[ボール]
 ボールの材質は,最初は堅い木を丸くしたものを使っていたが,15世紀中ごろには革のなかに羽毛を詰めたフェザーボールがあらわれた。19世紀に入ってガタパチャボールgutta‐percha ballが出現した。これは熱帯植物の樹脂からとったゴム状のものを丸めたものであった。…

※「ガタパチャボール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android