コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガムラン・アンクルン がむらんあんくるん

世界大百科事典内のガムラン・アンクルンの言及

【アンクルン】より

…ジャワ島西部では,アンクルンに太鼓,ゴング,オーボエ属の管楽器もしくは竹笛の加わった合奏(ガムラン)が一般的で,アンクルン奏者が同時に,熱狂的で滑稽なしぐさで踊る。また,バリ島東部では,アンクルンに金属製打楽器の加わったガムラン・アンクルンが,村や寺院の儀式に不可欠の音楽を担っている。なお,ジャワ島東部およびバリの一部では,しばしば竹琴をこの名称で呼ぶことがある。…

【ガムラン】より

…編成の規模と構成楽器の種類によってさまざまなガムランがあり,中心となる旋律楽器の名称やその音楽の特徴を表す語をガムランの後に付加して呼称する。例えばガムラン・アンクルン(竹製打楽器),ガムラン・クビヤル(〈閃光〉の意)など。また狭義でのガムランは旋律楽器としての青銅製打楽器を中心とする大編成のガムランを指す。…

※「ガムラン・アンクルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガムラン・アンクルンの関連キーワードアンクルンガムラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android