コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリア・キサルピナ がりあきさるぴな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリア・キサルピナ

ガリア」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のガリア・キサルピナの言及

【ガリア】より

…前387年その一隊はローマ市を略奪してイタリアを震撼させたが,前2世紀初めまでにはローマ人がこの地域を征服し,ラテン人その他のイタリア人を入植させた。以後ローマ化は急速に進み,おそらくスラがルビコン川を南境として属州ガリア・キサルピナGallia Cisalpina(アルプスの手前のガリア)を設置した。前49年ガリア・キサルピナの全市にローマ市民権が与えられ,前42年には同州はイタリアに編入された。…

【ローマ】より

…サムニテスの服属後,南部に進出し,タレントゥムと戦い,後者の救援に遠征してきたエペイロス王ピュロスを敗退させた(前275)。こうしてローマは北部のガリア・キサルピナを除いたイタリアを制覇し,プトレマイオス王国と友好条約を結ぶ(前273)など,ギリシア世界と直接関係をもつまでになった。イタリア制覇はラティウム制覇の場合と同様な市民権政策に加え,新獲得地への植民により成し遂げられた。…

※「ガリア・キサルピナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ガリア・キサルピナの関連キーワードアントニウス(古代ローマ軍人)ドミチウス・アヘノバルブスアウグスタ・タウリノルムアエミリア街道ルビコン[川]チザルピーナスパルタクスブルーツスルビコン川カトゥルスイリリクムラビエヌスアリミヌムレピドゥスブルトゥスカエサルケルト人ローマ史コッタマゴ