コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガン戦争 がんせんそう

世界大百科事典内のガン戦争の言及

【ブルゴーニュ公国】より

…このように公家家政の全局面に上級支配権としての王権の介入があった。北の領邦はこの状況にいらだち,公家に対する反逆傾向を強めた(たとえば1449‐53年のガン戦争)。 最後の当主シャルル(豪胆公)登極の前後,フランス王座には実利主義的官僚型の支配者ルイ11世が就き,父王シャルル7世の対公家路線を増幅強化しつつあった。…

※「ガン戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガン戦争の関連キーワード「非戦闘地域」と「戦闘が行われている場所」以外アブドゥル・ラフマーン・ハーンイギリス・アフガニスタン戦争イギリス・アフガニスタン戦争カブール(アフガニスタン)アブドゥル・ラフマーンハーン アマーヌッラードースト・ムハンマドバーラクザーイー朝アフガニスタン戦争パクティーアー州アフガニスタン史シェール・アリータリバーンと音楽バーラクザイ朝アフガニスタンアマーヌッラージャララバードリットン(伯)アフガン戦争

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android