コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キオビツチバチ きおびつちばち

世界大百科事典内のキオビツチバチの言及

【ツチバチ(土蜂)】より

…ツチバチ類は世界に1000種以上が知られ,とくに熱帯に多い。日本にはオオモンツチバチScolia hisforianica japonica,キオビツチバチS.oculata,キンケハラナガツチバチCampsomeris prismatica,ヒメハラナガツチバチC.annulata(イラスト)など十数種が分布する。ツチバチ類とコツチバチ類はともにコガネムシの天敵として重要である。…

※「キオビツチバチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android