コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キッド,B. きっど

世界大百科事典内のキッド,B.の言及

【社会進化論】より

…しかし歴史的にみると,比較的最近になるまで両者の区別は存在しなかった。代表的な社会ダーウィニストといわれるキッドB.Kiddが著した本の題名が《社会進化論》(1894)であったのがよい例である。この社会ダーウィニズムをも含めた社会進化論は,ダーウィンの《種の起原》出版の直接の波紋が一巡した1870年代ころから多出しはじめ,第1次世界大戦あたりまでおおいに流行する。…

※「キッド,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android