コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャナル・コロニー きゃなるころにー

世界大百科事典内のキャナル・コロニーの言及

【灌漑】より

…これに対して,南インドの東西両ガーツ山脈を水源とする諸河川の用水路は,雨季のみを灌漑季とする。イギリス領時代には,とりわけパンジャーブでの大規模用水路の建設が進み,広大な荒蕪地が用水路入植地(キャナル・コロニー)とよばれる沃地に変じた。独立以後は,大規模な多目的ダムを建設して用水路灌漑,拡充がなされてきた。…

※「キャナル・コロニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android