キャラック(読み)きゃらっく

世界大百科事典内のキャラックの言及

【舟∥船】より

…またラテン帆と横帆の組合せは両方の長所を生かすことができる。 キャラック(カラック)と呼ばれた船はこうして生まれた新しい船の典型である。平張り外板の丸い船体に船尾舵を備え,船の中央の大きいマストに横帆を張り,船尾近くのもう1本のマストにラテン帆を張る。…

※「キャラック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android