コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュリ・チョル碑文 きゅりちょるひぶん

世界大百科事典内のキュリ・チョル碑文の言及

【突厥碑文】より

突厥時代(552‐744)に建てられた大小の石碑。このうち,オルホン川の旧流域ホショ・ツァイダムから発見されたキョル・テギン碑文は732年に,その近辺で発見されたビルゲ・ハガン碑文は735年にそれぞれ建置された。トラ川上流のバイン・ツォクトで発見されたトニユクク碑文は前2者よりさらに早い時代のものと推定されている。キョル・テギンはビルゲ・ハガンの弟であり,トニユククは彼らの重臣であった。いずれも紀功碑である。…

※「キュリ・チョル碑文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android