コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュリ・チョル碑文 きゅりちょるひぶん

世界大百科事典内のキュリ・チョル碑文の言及

【突厥碑文】より

突厥時代(552‐744)に建てられた大小の石碑。このうち,オルホン川の旧流域ホショ・ツァイダムから発見されたキョル・テギン碑文は732年に,その近辺で発見されたビルゲ・ハガン碑文は735年にそれぞれ建置された。トラ川上流のバイン・ツォクトで発見されたトニユクク碑文は前2者よりさらに早い時代のものと推定されている。キョル・テギンはビルゲ・ハガンの弟であり,トニユククは彼らの重臣であった。いずれも紀功碑である。…

※「キュリ・チョル碑文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android