コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュ・ド・パリ きゅどぱり

世界大百科事典内のキュ・ド・パリの言及

【バッスル】より

…女性のスカートの後ろ腰を大きくはりだすために,その下に着用した腰当てで,フランスではトゥールニュールtournureと称した。バロック末期,ロココ末期に流行したキュ・ド・パリcul de Paris(パリのお尻)と呼ばれる腰当てもこの系統に属するが,その形はモードの流れによって変化した。服飾史上,バッスルが一つの様式として確立されるのは,1860年代のクリノリンの衰退の後,70年から76年にかけてと,80年から87年にかけての時期であった。…

※「キュ・ド・パリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キュ・ド・パリの関連キーワードバッスル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android