キリスト教的現実主義(読み)きりすときょうてきげんじつしゅぎ

世界大百科事典内のキリスト教的現実主義の言及

【ニーバー】より

… 彼はしかし教理を研究の対象とするよりは,キリスト教のもつ諸洞察の現代的妥当性を明らかにし,その観点から当時のアメリカのリベラリズムやオプティミズムを批判した。その立場は〈キリスト教的現実主義〉と呼ばれ,出世作《道徳的人間と非道徳的社会》(1932)で強力に打ち出された。その影響はキリスト教界を超えて一般知的世界とくに政治学界に及び,G.F.ケナンやモーゲンソーやシュレジンジャーら今日のいわゆる〈現実主義者〉たちすべての〈父〉と見られるに至った。…

※「キリスト教的現実主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android