コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルナー,W.J. きるなー

世界大百科事典内のキルナー,W.J.の言及

【オーラ】より

…科学面ではキルリアン写真やライヒのオルゴン・エネルギーとの関連から,また宗教面では聖人の背光やアストラル体Astral body(物質としての人体を包む霊的肉体)を解明する鍵として研究されている。オーラについての科学的実験はキルナーWalter John Kilner(1847‐1920)に始まり,1/8インチ(約0.3cm)離れた2枚のガラス板の間に感光染料ジシアニンのアルコール溶液を満たした〈ジシアニン・スクリーン〉が考案された。キルナーによれば,オーラをこのスクリーンに通すと可視状態となり,人体を直接包む黒い影のような部分〈エーテル複体〉,およびその上に広がる〈内オーラ〉〈外オーラ〉の3層が識別できたという。…

※「キルナー,W.J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone