コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギゼンガ,A. ぎぜんが

世界大百科事典内のギゼンガ,A.の言及

【コンゴ動乱】より

…また同じ9月,ルムンバ首相とカサブブ大統領は互いに相手の罷免を声明するなど,中央政府内の対立も激化し,陸軍参謀長モブツ大佐が一時実権を握って委員制内閣を組織した。根拠地スタンリービル(現,キサンガニ)へ脱出をはかったルムンバは61年2月に虐殺されたが,これより先,ルムンバ派のギゼンガAntoine Gizenga副首相が60年12月にスタンリービルで中央政府の樹立を宣言した。このように政局は混迷の度を強めたが,61年8月に中道派のアドゥラCyrille Adoulaを首班とする挙国一致内閣が発足してスタンリービル政権は自主的に解消し,南カサイも62年9月に分離独立を撤回した。…

【コンゴ民主共和国】より

… しかしナショナリズム運動が未熟であるうえに,独立のための準備期間が短すぎたこともあって,独立後1週間足らずの7月6日,軍隊の反乱を契機にコンゴは大動乱(コンゴ動乱)に突入した。カサブブ大統領とルムンバ首相の対立,チョンベによるカタンガ州(現,シャバ州)の分離独立宣言,ベルギーの軍事介入と国連軍の派遣,モブツ大佐の政治介入,ルムンバ首相の逮捕と虐殺,カサブブ派のレオポルドビル政権とルムンバ派のギゼンガを盟主とするスタンリービル(現,キサンガニ)政権の対立といった諸事件を織り込みながら,情勢は悪化の一途をたどった。しかも西側諸国はレオポルドビル政権を支持しながらカタンガ分離主義勢力に対してもあいまいな態度を示し,東側諸国はスタンリービル政権を支持するなどしたために,動乱はいっそう複雑な様相を呈した。…

※「ギゼンガ,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone