コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーゼル,F.O. ぎーぜる

世界大百科事典内のギーゼル,F.O.の言及

【アクチニウム】より

…1899年,フランスのドビエルヌAndré Debierneは,ピッチブレンドからウランを分離した残留物中に新しい放射性元素を発見し,〈光〉〈放射線〉を意味するギリシア語のaktinosまたはaktisにちなんで命名した。また1902年ドイツのギーゼルFriedrich Oskar Gieselが独立に発見したエマニウムemaniumは,のちにアクチニウムと同じものであることがわかった。天然には227Ac(アクチニウム系列)および228Ac(β崩壊,半減期6.13時間,トリウム系列)のみが存在するが,いずれもきわめて微量で,普通に取り扱えるほどの量はとり出されていない。…

※「ギーゼル,F.O.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android