コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシマ くしま

世界大百科事典内のクシマの言及

【バセイン】より

…後背地のイラワジ・デルタで生産される米は,ここから海外へ積み出される。町は,パガン朝時代(11~13世紀)にはクシマ,16世紀にはコスミンという名で知られていた。17世紀後半にイギリス東インド会社の駐在事務所が置かれたこともある。…

※「クシマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クシマの関連キーワード100万回の「I love you」ミヤマウラボシ(深山裏星)ウィレム=アレクサンダーチャールズ オルソンプロキシマケンタウリアナクシマンドロス滋賀県湖南市平松はじめての福島学タギョウショウト・アペイロン甲西(滋賀県)フクシマフーズアナクシメネスミレトス学派ヤクシマソウイオニア学派フクシマ50ツバキ(椿)ウツクシマツリンゴツバキ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android