コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クドゥル くどぅる

世界大百科事典内のクドゥルの言及

【カッシート】より

…ここからはテラコッタ製の小品(人物とライオンの頭部)も出土した。カッシート時代後期から,バビロニアではクドゥルkudurruと呼ばれる石彫品が作られるようになる。縦長の石材の表面に神々のシンボル(太陽,月,雷,または動物など),人物像などが浮彫で表され,さらに銘文が刻みつけられた。…

【バビロニア】より

…カッシート朝バビロンは,その後一時アッシリアの支配を受けるなどし,最終的には前1155年エラム人により滅ぼされた。カッシート時代といえば〈クドゥル〉と呼ばれる石碑を連想する。これは不規則な形をした石碑で,碑文のほかに神々のシンボルが浮彫されている。…

※「クドゥル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クドゥルの関連キーワードカッシート朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android