クヌース(英語表記)Donald Ervin Knuth

大辞林 第三版の解説

クヌース【Donald Ervin Knuth】

1938~ ) アメリカの数学者・コンピューター科学者。アルゴリズム論やプログラム言語理論などで多くの業績をあげている。また、数学論文を書くための文書整形システム TEX を開発した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクヌースの言及

【プログラミング】より

…単に分岐文を含まないgoto-lessプログラムを書くことを目的とせず,階層構造をもつプログラムを,全体を先に詳細は後に,段階的詳細化によってトップダウンに書くことが,プログラミングの指針として定着した。さらにクヌースDonald E.Knuthは,文芸作品のようにプログラムを書くための方法論として,文芸的プログラミングを提唱している。詳細はクヌースの《コンピュータープログラミングの技法 1-3》(旧版1-2の邦訳:サイエンス社,新版1-3の邦訳:アスキー出版局)などを参照のこと。…

※「クヌース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android