コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クブチ くぶち

世界大百科事典内のクブチの言及

【わな猟(罠猟)】より

…これも知らぬ者が小屋などとまちがえて,下に休み押されて死んだなどのことがあって禁じられた。これの小型で,棒を上下に置き,または籠を釣って小鳥が下にまいた餌をついばむと糸がはずれて首をはさむもの,または籠が落下して生捕りするものは,平安時代の絵にも描かれており,クブチあるいはコブチといって現在でも山村で行われる。また野獣の通路は一定しているので,そこに落し穴を掘って落下させる方式もよく使用された。…

※「クブチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android