コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クム Qom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クム

コム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クム
くむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクムの言及

【コム】より

…人口78万(1994)。クムQum,ゴムともよばれる。古代にはゾロアスター教の聖地で,816∥817年8代イマーム,イマーム・レザーの妹ファーティマがここで客死してその廟が建てられ,聖地となった。…

※「クム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クムの関連キーワードチュンチョンナム(忠清南)道チュンチョンプク(忠清北)道ハサン・イブヌッ・サッバーフチャリョン(車嶺)山脈ハサン・イ・ルームルーオーストロアジア系諸族チョンジュ(清州)市オーストロアジア語族チャンハン(長項)邑アウストロアジア語族ケアリイ レイシェルモン=クメール語族コンジュ(公州)市ソベク(小白)山脈クンサン(群山)市同音語のアクセントホナム(湖南)平野ヨンドン(永同)郡ノンサン(論山)郡ヨンサン(栄山)江

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クムの関連情報