コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラクトン・オン・シー遺跡 くらくとんおんしーいせき

世界大百科事典内のクラクトン・オン・シー遺跡の言及

【クラクトン文化】より

…イギリス,エセックス州のクラクトン・オン・シーClacton‐on‐Sea遺跡を標準遺跡とする前期旧石器時代文化。打面が広く,バルブの発達した,打撃角の大きい剝片が特色を示している。それは非常に激しい力が与えられたことを示唆し,おそらく割られる石塊を地上に置かれた石(台石)に打ちつけた剝片剝離法(クラクトン技法)がなされたと考えられる。イギリス,スワンズカムSwanscombe遺跡では,この文化層に40万年前以前の年代が与えられる。…

※「クラクトン・オン・シー遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android