コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラシック(音楽) くらしっく

世界大百科事典内のクラシック(音楽)の言及

【ポピュラー音楽】より

…大衆音楽もしくは通俗音楽を指す。欧米でも日本でも,音楽をクラシック(芸術音楽,シリアス・ミュージック)とポピュラーに二分したり,クラシックとポピュラーと民俗音楽に三分したりするのは広く行われている。クラシックが,規模が大きく変化に富んだ劇的な表現様式を備え,高度な精神性を内包するものと見られているのに対し,ポピュラーは,民衆の日常生活の中にある喜怒哀楽を直截に表現する娯楽性の強い音楽であり,ダンス音楽としての実用性を備えるなど,その享受のされ方も日常生活の中に深く溶け込んでいる。…

※「クラシック(音楽)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラシック(音楽)の関連キーワード宝塚市立文化施設ベガ・ホール神奈川国際芸術フェスティバル仙台クラシックフェスティバルDANCECLASSICS那須野が原ハーモニーホールクラシック・オープン・エアアイザックスターンホールブロドスキー弦楽四重奏団ショパン・フェスティバルダルムシュタット城音楽祭ポピュラーミュージック音楽ファンタジー ゆめグラナダ国際音楽舞踏祭TRANSMUSICフェスティバルホールシベリウス・ウィーク白夜の星国際音楽祭東京室内管弦楽団バイロン アレンエベーヌ四重奏団

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android