コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスタラー,M. くりすたらー

世界大百科事典内のクリスタラー,M.の言及

【集落】より

…そこでここでは集落の規模別区分と機能上の対照表をイギリスの場合を例として示すのみにとどめる。 集落の分布の法則性に注目し,理論化したのはドイツのM.クリスタラーである。彼は南ドイツの町が7kmの間隔で規則的に分布していること,それらの町を規模別にみると,高次のものになるほど疎になっていることから,これは財とサービスの中心地機能の大小にあると考えて図式化を行った。…

※「クリスタラー,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android