クリスティーナの世界

デジタル大辞泉プラスの解説

クリスティーナの世界

アメリカの画家アンドリュー・ワイエスの絵画(1948)。原題《Christina's World》。メイン州の別荘近くに住んでいたオルソン家の足の不自由な女性クリスティーナを描いたもの。ニューヨーク近代美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android