コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルク語 クルクご Kurukh language

1件 の用語解説(クルク語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルク語
クルクご
Kurukh language

インド中東部チョタナーグプル高原オラオン族の間に約 136万人の話し手をもつドラビダ語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクルク語の言及

【オラオン族】より

…インドの代表的原住民部族の一つ。ビハール州南部のチョタナーグプル高原に住み,人口は60万を超すといわれている(1961)。インド原住民一般と等しくプロト・オーストラロイドないしベッディードと呼ばれる人種型に属し,スリランカの原住民ベッダ族に通ずる人種的特徴を示す。使用言語はクルクー語といわれ,南インドのドラビダ語の系統とされるが,固有の言語であったかどうかは明らかでない。元来は焼畑耕作を営んでいたと考えられるが,現在は高原での定着水稲栽培を営む。…

【ドラビダ語族】より

…また中部ドラビダ語には,中央インドのクイ語Kui(50万人),クビ語(20万人),コラーミ語(5万人),ゴーンディ語Gondi(150万人)などが含まれるほか,ドラビダ語族中,最大の話者人口をもつテルグ語(アーンドラ・プラデーシュ州,4900万人)も含まれると考えられている。さらに北ドラビダ語として,クルク語Kurukh(114万人),マールト語(9万人),そしてはるかバルーチスターンに孤立しているブラーフーイー語Brahui(30万人)がある。これらドラビダ諸語の話者人口は,インド総人口の約25%に相当する。…

※「クルク語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クルク語の関連キーワードオラオン族ガヤーナーグプルラーンチーナグプルリングプルダモーダル[川]チョタ・ナーグプルビハール[州]ルールケーラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone