クルク語(読み)クルクご(英語表記)Kurukh language

世界大百科事典内のクルク語の言及

【オラオン族】より

…インドの代表的原住民部族の一つ。ビハール州南部のチョタナーグプル高原に住み,人口は60万を超すといわれている(1961)。インド原住民一般と等しくプロト・オーストラロイドないしベッディードと呼ばれる人種型に属し,スリランカの原住民ベッダ族に通ずる人種的特徴を示す。使用言語はクルクー語といわれ,南インドのドラビダ語の系統とされるが,固有の言語であったかどうかは明らかでない。元来は焼畑耕作を営んでいたと考えられるが,現在は高原での定着水稲栽培を営む。…

【ドラビダ語族】より

…また中部ドラビダ語には,中央インドのクイ語Kui(50万人),クビ語(20万人),コラーミ語(5万人),ゴーンディ語Gondi(150万人)などが含まれるほか,ドラビダ語族中,最大の話者人口をもつテルグ語(アーンドラ・プラデーシュ州,4900万人)も含まれると考えられている。さらに北ドラビダ語として,クルク語Kurukh(114万人),マールト語(9万人),そしてはるかバルーチスターンに孤立しているブラーフーイー語Brahui(30万人)がある。これらドラビダ諸語の話者人口は,インド総人口の約25%に相当する。…

※「クルク語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android