コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オラオン族(読み)オラオンぞく(英語表記)Oraon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オラオン族
オラオンぞく
Oraon

自称クルク Kurukh。インドのチョタナーグプル高原に居住する先住民。形質的にはベッドイドに属し,黒褐色の皮膚,長頭,波状毛の特徴をもち,言語はドラビダ語族に属するオラオン語 (話者人口は約 190万) 。動植物,鉱物などのトーテムをもつ多数の氏族に分れ,各村には首長と世襲の祭司がいる。社会組織の最も重要な要素は未婚男子の家で,社会生活の伝統的な事柄が教えられた。今日ではキリスト教徒も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オラオンぞく【オラオン族 Oraon】

インドの代表的原住民部族の一つ。ビハール州南部のチョタナーグプル高原に住み,人口は60万を超すといわれている(1961)。インド原住民一般と等しくプロト・オーストラロイドないしベッディードと呼ばれる人種型に属し,スリランカの原住民ベッダ族に通ずる人種的特徴を示す。使用言語はクルクー語といわれ,南インドのドラビダ語の系統とされるが,固有の言語であったかどうかは明らかでない。元来は焼畑耕作を営んでいたと考えられるが,現在は高原での定着水稲栽培を営む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオラオン族の言及

【サンタル族】より

…固有の言語はサンターリー語Santaliであり,ムンダ族やオリッサ州山地部族民の言語とともにアウストロアジア語族に属する。サンタル族は,基本的には同じくチョタ・ナーグプル高原に住むオラオン族やムンダ族などとほぼ同じ水準・内容の文化をもつ部族民であるが,とりわけその部族主義的傾向で知られている。実際にはヒンドゥー文化の影響を強く受けており,比較的豊かなクラスの者はヒンドゥー高位カーストの慣習をいろいろ採用しているが,にもかかわらず意識面ではヒンドゥー化を拒否し,ヒンドゥーからの分離を強く志向している。…

※「オラオン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android