コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルチモウスキー,R. くるちもうすきー

世界大百科事典内のクルチモウスキー,R.の言及

【農学】より

…彼の《農業および生理学への化学の応用》は今日なお名著であり,物質の循環に対する考え方を提起し,テーアの〈腐植質説〉に対して〈無機栄養説〉を主張し,〈最少養分律〉を唱え,農芸化学を創始した。ドイツでは,その後クルチモウスキーR.Krzymowskiらが,農学は体系的農学,農業史,農業地理学の3分野を統合したもので,体系的農学は農業生産学(植産学,畜産学,農産加工学),農業経済学から構成されるとして,再び経営面に力をそそいだ農学の重要性を説いた。 フランスにも農学研究者ともいうべき学者が,19世紀には現れていた。…

※「クルチモウスキー,R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone