コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンブ・メーラー くんぶめーらー

世界大百科事典内のクンブ・メーラーの言及

【ナーシク】より

…《ラーマーヤナ》の主人公ラーマ王子は故国を追われて妃シーターとともにここに来住し,シーターはここでランカー王ラーバナに誘拐されたとされる。川の南岸部の旧市には多くのビシュヌ寺院が点在し,12年ごとに催されるクンブ・メーラーはヒンドゥー教最大の祭りの一つである。周辺からの綿花,米,果物の集散と加工を行うほか,インド政府印刷局の工場がある。…

※「クンブ・メーラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クンブ・メーラーの関連キーワードナーシク